準衛星 小惑星 2016 HO3
2016-06-26 Sun 22:10
「地球の新しい準衛星 小惑星2016 HO3」というニュースがながれていました。

NASAは、常に地球の近くにあって、地球と共に太陽の周りを公転している小惑星が見つかったことを発表した。

2016年4月27日、米・ハワイの小惑星探査望遠鏡「パンスターズ1」による観測で小惑星(2016 HO3)が発見されました。

この小惑星の特徴は、公転周期が地球と同じです。 
2016HO3_iti.gif
地球の軌道より少し傾いて、地球の近くで公転しています。
 そのため、地球の内側に小惑星がある時は、地球を小惑星を追い越し、
       地球の外側に小惑星がある時には、小惑星を地球が追い越す。
2016 HO3

それにより、地球から見ると、地球のまわりをまわっているように見えます。

NASA


この小惑星は地球に最接近時に1400万kmまで近寄るが、これまでに見つかっている同種の天体のなかでは最も軌道が安定しているようです。
  ・・・・・・・・・このような天体は「準衛星」とよばれているようです。

AstroArtsニュースより>引用
<NASAのHPより>引用
CNN ニュースより>引用 


スポンサーサイト
別窓 | 管理人の独り言 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ブルーボネット4 | 空のさんぽ 日記の部屋 | ブルーボネット3>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 空のさんぽ 日記の部屋 |