気象衛星から見た月
2015-11-15 Sun 18:33
気象衛星 ひまわり8号から見た月

気象衛星8号の可視光(カラー)の画像が非常に鮮明になったことから、
月も見えるのではないかと興味を持ってみていました。

ある記事をきっかけに、満月の日を中心に NICTで公開されている画像を確認すると・・・・・

<<<9月29日のひまわり8号の画像>>>
   左上のところに、地球にくっつくように月が・・・・・・
月_20150929_1150_ひまわり8号_月齢158
  左上のところを拡大した画像。
月_20150929_1150_ひまわり8号_拡大

<<<9月2日のひまわり8号の画像>>>
   右上の部分に地球の夜のところに月が・・・・
月_20150902_1500_ひまわり8号_月齢186
   右上のところを拡大した画像。
月_20150902_1500_ひまわり8号_拡大
   上記写真より40分まえの写真(地球に隠れる直前)
月_20150902_1420_ひまわり8号_拡大

<<<10分間隔の月の位置>>>
   撮影範囲の下側のぎりぎりのところで撮影されている画像がありました。
   3枚を比較明合成して、10分間での移動がわかるようにしました。
月_20150829_1040_1100_ひまわり8号_拡大移動
  写真をクリックすると写真が拡大されます。ぎりぎり月の一部が写っているのを見ることができます。
  以外と移動量が大きいのにびっくりしました。
   地球の外側の撮影範囲が狭いため、たまたまタイミングが合わないと撮影されないのを知りました。
   満月近い月でもこれだけ暗いので、満月近くしか見つかりにくいのも分かりました。

<<<撮影方法に伴うずれた月>>>
   ひまわり8号は、地球を撮影するときに、一定の幅で上から順番に撮影しているので、
 そのためか、ちょうどその境に月があると、月の位置がずれて写っています
   (月の移動がそれだけ見かけの移動が早いのか???????)
月_20150830_1220_ひまわり8号_拡大

ひまわり8号の画像のまた1つの見方ができました。

気象衛星ひまわり8号の画像は、気象庁のHP および NICTのHPで 公開されている画像を使用しました。
スポンサーサイト
別窓 | 管理人の独り言 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<10月中旬の星座 | 空のさんぽ 日記の部屋 | 紅葉 犬山 No2>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 空のさんぽ 日記の部屋 |