太陽 3/28
2015-04-14 Tue 21:12
2015/3/28の太陽です。

この日の太陽は、ダークフィラメント(黒く見える筋。プロミネンスと同じ)が多く、
黒点もはっきりしており、また、右側には大きなプロミネンスもあり、
見ごたえのある日でした。
sun_20150328I_video13-22-33.jpg
最近の撮影の中では、めずらしく全体をきれいに撮影できた方だと思っています。

◆右側のプロミネンス
sun_20150328I_video13-59-49.jpg
なかなかくっきりと撮影できなく、もともと撮影方法を考えなくては・・・・・。

◆黒点(ほぼ中央の)
sun_20150328I_video14-04-02.jpg

撮影ポイントは多くあり、実際に撮影もしたのですが、撮影前のCCDカメラの掃除が十分でなく
なかなか使えない写真になってしまいました。
 そのため今回は、プロミネンスなどの変化を見ることもできませんでした。

太陽の撮影
 当初は、デジタル一眼レフを使用していましたが、画素数が多すぎるのと編集する映像の形式が
あわなく、処理も大変でしたので、天体用のCCDカメラ+パソコン(CCDカメラのコントロール用)で
映像として撮影後、画像にしています。
 カメラのコントロールや表示もパソコンの画面上からできるので便利です。

 撮影では、640x640ピクセル(約41万画素)で撮影しており、掲載している写真も等倍です。

 しかし、カメラのCCD(画像の光を電気信号に変換する部分。目にあたる部分)に、
肉眼でみえない小さなゴミなどがのっていると、大きな黒い点になってしまいます。
 デジタル一眼レフカメラでは振動でゴミを落とす機能がありますが、CCDカメラにはありません。
 そのため、CCDに傷を付けたくないので触らないようにしてゴミを取り除きますが、なかにはシミのように
くっついているのもあり、何かも繰り返して除去しているのが現状です。

<<<CCDカメラ>>>
 中央に見える黄色で囲った部分が電子の目にあたるCCDがある場所。
 デジタル一眼レフカメラでは、レンズの交換時以外は外気と触れないのでゴミが入るタイミングが
すくないのですが、CCDカメラ-は望遠鏡に付けるまでCCDが外気に触れ、時間もながいので
ゴミが付きやすいです。
67376376B.jpg
取り扱いに慣れていない私にとっては、ゴミがすぐに入ってしまいます。
スポンサーサイト
別窓 | 観望の記録 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<春 No2 | 空のさんぽ 日記の部屋 | 独り言>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 空のさんぽ 日記の部屋 |