犬山 花火2
2017-08-13 Sun 19:24
日本ライン犬山夏まつり 納涼花火大会 2

目の前の川中から上がる花火は、豪快です。(とっても近くで見ることができるので、うれしいです)
B20170810P_犬山の花火20_P1150914

B20170810P_犬山の花火20_P1160026

◆ひまわり
B20170810P_犬山の花火20_P1160066

◆チョウ
B20170810P_犬山の花火20_P1160062

今回の撮影は、一眼レフカメラと三脚が都合で使えなく、

 愛用のコンパクトデジカメによる手持ち撮影になってしまいました。
スポンサーサイト
別窓 | 名古屋とその周辺 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
犬山 花火
2017-08-12 Sat 12:26
日本ライン(犬山)夏まつり 納涼花火大会

今年も犬山城の下の木曽川で、きれいな花が咲きました。
B20170810P_犬山の花火1_P1160032

B20170810P_犬山の花火2_P1170028

B20170810P_犬山の花火10_P1160052
別窓 | 名古屋とその周辺 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
原村 朝日
2017-08-09 Wed 23:48
<<<原村星まつり 2日目の朝>>>

◆山の木々を抜ける朝日
B20170804_原村_朝日_FFF_0023
  会場の東側の峰の木々を抜けてくる、新鮮な朝日。
B20170804_原村_朝日_FFF_0014

明け方近くまで曇っていた空も、朝にはきれいな青空が。
 (明け方の金星を見ている方もいました)

◆森の中の朝日
 会場がある八ヶ岳自然文化園の中を早朝に散策。
  そして園内の森の中。木々の間を朝日が通り抜けている風景。
B20170804_原村_朝日2_FFF_0113

B20170804_原村_朝日3_FFF_0121
別窓 | 原村・霧ヶ峰・美ヶ原 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
サマーホリデーin原村星まつり
2017-08-08 Tue 21:38
「サマーホリデーin原村星まつり」に参加してきました。

◆アクアマリンによる”オープニングコンサート” 風景
B20170804_原村星まつり_メイン会場_P1150829
  この後、開会式があり、宇宙の話などのイベントが深夜まで順次開催されました。

◆観測専用エリア
  20cm・30cmの望遠鏡が小型に見えてしまう、40cmから60cm級の大畑望遠鏡が、
 観測専用エリアが狭く観じるくらい、並びました。   
B20170804_原村星まつり_観測専用エリア_P1150819
  夕方ごろの風景です。
  みなさん、早く雲が無くなり、夜になるのを、情報交換しながら待っていました。

 しかし、夜になっても雲がなかなか切れなく、雲の隙間から、月と土星と一部の一等星が少しの時間見ることが
できたがけでした。
 この時間に観望エリアを訪れた親子の方々は、土星を見ることができ、にぎやかな時間になりました。
 (私は、仲間の方の望遠鏡の手伝うことができ、楽しい時間を持てました)

◆観測専用エリアより奥の駐車場
B20170804_原村星まつり_駐車場_FFF0035
 この駐車場にも、望遠鏡がならんでいました。(雲の切れ間が少なく、いつもより出ている台数は少なかったです)

◆各お店・メーカーのブース
B20170804_原村星まつり_お店_P1150824
 各お店とも、とってもにぎやかでした。
  アウトレット・ジャンク・特売品を扱うお店は、近寄れないぐらいもりあがっていました。
  (おじさんたちの争奪戦の場・・・・・・・・・・)
     (私も参加しましたが、おこぼれをいくつか・・・・・・・・)

今年もたのしい二日間でした。
 (雲っていても楽しめる時間)

別窓 | 原村・霧ヶ峰・美ヶ原 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
開田高原 夏の天の川まつり 主催:木曽星の会 
2017-08-08 Tue 00:37
「『長野県は宇宙県』サマー・スタンプラリー・イベント」の「スタンプ設置イベント」に、

  天の川祭り (8/12 17:00-21:00 木曽馬の里)
の記載がありました。


mark.jpg
木曽星の会のHPに、
 <<<夏の天の川まつり>>>
  場所 : 開田高原の木曽馬の里
  日時 : 8月12日(土)午後6時半から9時
  内容 : 講演会・土星観望・流れ星観察

の記載もありました。
別窓 | 御嶽(木曽・開田) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
赤沢自然休養林 切り株
2017-08-06 Sun 23:44
赤沢自然休養林

ヒノキの森の中の散策コース

森を守るために、間引きされたり、絡み合っているために整理されたり、

  そんな道を歩くと、いろいろとおもしろい切り株に出会うことができました。

◆切り株によるトンネル
B20170729F_赤沢2_切り株_0070

B20170729F_赤沢2_切り株_0051

◆根が中に浮いている
B20170729F_赤沢2_切り株_0047

◆巨大な根にまきつくかれた根
B20170729F_赤沢2_切り株_0076

迫力のある木々でした。
別窓 | 御嶽(木曽・開田) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
赤沢自然休養林
2017-08-02 Wed 23:39
森林浴をするために、赤沢森林鉄道に乗り休養林の奥に、

ヒノキの森を散策

◆森の入り口には、当然、自然豊かな森だから
B20170729F_赤沢_熊_0038
そして、りっぱな「熊よけの鐘」が
B20170729F_赤沢_熊鐘_0044
軽く鳴らしても、森にいい音が伝わっていました。

◆森の中に2つめの熊よけの鐘が
  森林鉄道の山だけあって、鐘は、線路の有効利用が、
   となりに用意された鉄の棒でたたくと、いい音が森に響いていました。
B20170729F_赤沢_熊鐘_0056

◆3つ目は、同じレールの有効利用品でしたが、
    たたいて響わたらせたくなる鐘でした。
B20170729F_赤沢_熊鐘_0093
 熊にも合わず、幸福もくる鐘でした。
別窓 | 御嶽(木曽・開田) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
赤沢森林鉄道
2017-07-29 Sat 22:21
赤沢森林鉄道

赤沢自然休養林で保存され、観光用として活躍している森林鉄道。

もともとは、木曽地域の林業がさかんであったころ(1916年)に、上松と赤沢を結んだ小川線が
木曽森林鉄道のはじまりで、トラックにかわる1975年まで活躍。

その後、1985年の第61回式年遷宮行事で、伊勢神宮御用材伐採で久しぶりに運材に活躍した森林鉄道。
その状況が全国に放送され、一気に評判になり、それから2年後、まず夏休み期間中から、
樹齢300年の天然ヒノキ林を走る森林鉄道として運行が再開され今日に至る。
B20170729F_赤沢_0126

当時の機関車(ボールドウィン号)も保存。
B20170729F_赤沢2_0001

別窓 | 御嶽(木曽・開田) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 空のさんぽ 日記の部屋 | NEXT