長野県の地震(11/22 22:08)について
2014-11-28 Fri 22:34
長野県の11月22日22時08分の地震について

マグニチュード6.8で最大震度6弱でありながら、死者がでなかったので
すごいことだと思います。 人口が少ないところとはいえ、多くの家屋が
報道のようにつぶれており、お年寄りの割合が多いところで・・・・・・。
 住民の結束力があれば、建物等の被害は別として被害を押さえることが
できることを示した、今後のいい事例になるでしょうね。

気象庁のHPに、今回の震度解析が掲載されていました。
推計震度分布図
201411222208_nagano_04.jpg

震央分布図
 本震と余震の震源地の分布図
201411222208_nagano_06.jpg

◆緊急地震速報
  緊急地震速報(警報)第1報を発表した地域及び主要動到達までの時間
201411222208_nagano_05.jpg
 速報は、22時08分26.6秒に気象庁から発表されたようです。
  (地震波の第1検知が2,6秒後で、第2検知が3.2秒後のようです。その第2検知の時に出されているようです)

この短い時間で発表され、その後、自治体や報道機関や携帯電話会社に伝わり、そこから我々がしることになりますが、すごいシステムですね。地震波が進むのと競争ですね。連携が悪い・遅いとシステムの意味がありませんから・・・・。

スポンサーサイト
別窓 | 地震 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
伊予灘の地震
2014-03-16 Sun 09:51
14日2時頃の愛媛県と大分県の間(伊予灘)で発生したは、
   深さは約80km、マグニチュード6.1
で、西日本全体の広範囲に揺れました。
201403140206.png
<<<気象のHPより引用>>>

この地震で、東海3県の揺れは、震度3~1でしたが、その分布が気になりました。
下の図は、YAHOOの地震情報で「東海・北陸・近畿」を拡大表示したものです。
必ずしも近いから震度が高いわけではありませんが、愛知の震度3の地域が、
 濃尾平野の岐阜から名古屋付近に並んでいることが分かります。
 もともとが、木曽川等の堆積物でできた地盤であり、揺れやすいことが
今回の観測点の揺れ具合からも分かります。
201403140206_02.jpg
※観測地の揺れの大きさは、震源から地震波がどこを通って来たかにもよりますが・・・・・・。
別窓 | 地震 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
朝の地震
2013-11-19 Tue 22:22
19日04時11分頃の地震

震源地は遠州灘(北緯34.4度、東経137.1度)で、
震源の深さは約350km
地震の規模(マグニチュード)は5.7

・・ですが、この地震で揺れたのは関東から東北地方。
震源がとても深いこともあり、東海地方は揺れていません。
プレイトの構造がもたらす不思議です。

T20131119_041657395-190411
別窓 | 地震 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
地震の回数
2013-10-07 Mon 21:57
東海地方の地震回数について

現在も東北地方から関東にかけて毎日のように感じる地震がおきています。

愛知は震度1以上の感じる地震が少ないと思われる地域と思っていますが、
本当に起きていないのかと思い、気象庁HPの地震の記録をまとめて、
HP上にも掲載していますが、意外とあることがわかりました。

気象庁のHPに発生した小さな地震も地域名とマグニチュード、深さなどが掲載されており
その発生回数を地域名で毎月の回数をまとめてみましたが、無感地震(震度1以下)を含め
毎月ほぼ同じ回数あり、気がつかない世界で、動いているのですね。

東海沖の巨大地震が発生し、大きな近く変動はないことが理想的ですが、被害少なく
過ぎ去ることができるとうれしいのですが・・・・。
別窓 | 地震 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
東海地方の地震回数について
2013-09-15 Sun 16:14
東海地方(愛知、三重、岐阜、長野)の地震回数について

一般的なHPでは震度1を記録されないと掲載されないのですが、気象庁のHPでは、
 (気象庁のHP > 気象東経情報 > 毎日の地震活動 )
震度が1以下でも、マグニチュードが1以下でも 掲載されています。

自分のところは地震が無いと思っていたら、実は小さな小さな地震が何回もあったのです。

気象庁のページでは、各日ごとに地震のあったところがプロットされた図とテキストデータが
掲載されています。それを見ていて小さな地震が意外と思い月ごとの回数を出してみました。
それが、ここのページ に掲載しました。

愛知県の地下で毎月(2013/5,6,7,8)、マグニチュード1以下も含めて100回以上起きているのです。
確実に地下では動いているのです。
 当たり前のことかもしれません。精度があがればあがるほど、小さな動きも検知される。

地震の研究者は、さらに細かい情報を立体的(3時限的)さらに時間軸で見ているのですな。
でも予知するためには関係付け情報を含め不足しているのでしょうね。
別窓 | 地震 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
岐阜県美濃中西部 M4の地震
2013-07-17 Wed 22:17
7/17の20時32分の岐阜県美濃中西部の地震について

東北で起きている地震に比べればちいさなものですが、愛知に住んでいる私にしては震源と揺れの関係がきになります。
 特に、震源の深さは約40kmですが、震度2になって地域が気になりました。岐阜市から一宮市、名古屋市の一部地域、知多市とラインになっています。また、琵琶湖の湖畔でも震度2の地域がありました。
 地盤の強さを示しているのでしょうか?
T20130717_2036.jpg
 
別窓 | 地震 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
地震の発生状況
2013-07-06 Sat 08:54
地震のアルバム内に愛知県周辺(6月)の地震回数を掲載しました。

マグニチュード1以下を入れると以外と多い思いました。感じないけど地面の下では動いているのですね。
でも、大きな地震がないだけいいです。
別窓 | 地震 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
鳥島近海の地震
2013-04-22 Mon 01:01
2013/4/21 12:22の鳥島近海の地震

日本の沖合での地震ですが、震源が450kmと深いためか、揺れたのは関東から東北地方でした。
プレートの構造を示している地震ですかね?

別窓 | 地震 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 空のさんぽ 日記の部屋 | NEXT