昨晩の観望風景
2017-02-19 Sun 22:06
昨晩、豊田市の高原で、遠くからわざわざ来ていただいた方を囲んで観望会が開かれ、
私も参加させていただきました。

深夜までの空は、雲が多い空でしたが、とっても盛り上がっていました。

そのときの一コマです。

B20170218L_観望風景_IMG_5438

 大口径のドブソニア望遠鏡、双眼望遠鏡・・・・・・・
B20170218L_観望風景_IMG_5924
 空が晴れているときは、星雲、星団等を見。
   また、望遠鏡に見え方が異なるので、見比べや・・・・・・

 曇れば、機材の話、星の話で、時間が過ぎるのを忘れて

◆オリオン座と いい感じの木
B20170218K_オリオン座_IMG_6763

◆名古屋の夜景 をみんなで観望中
B20170218_名古屋の夜景_IMG_6708

 遠くから来ていただきありがとうございました。

  次回は、遠くても、こちらからおしかけたいと思っています。
スポンサーサイト
別窓 | 観望の記録 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
国際宇宙ステーション 金星
2017-02-16 Thu 21:55
夕方の空に輝く金星。

今日(2/16)、その金星の近くを国際宇宙ステーションが通過するのが見えました。
薄雲のある中でもISSははっきり見えると思っていましたが、ぎりぎり見えたというところでした

<<<ISSと金星>>>

 カメラレンズ:400mm、SO3200で動画撮影。

撮影したままでは、ISSが非常にわかりにくかったので、コントラスト・ガンマなども変更。

もっと、北東の方に移動すれば、ISSと金星が重なったところが見えたと思います。
移動する時間があれば、次回は、重なるところを見たいです。
別窓 | 観望の記録 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
星の軌跡
2017-02-07 Tue 21:49
星の動く様子を軌跡として写真にしますが、

 今回、映像化のなかでこの方法を使用して、昨年末に撮影した太地i町での写真を映像化してみました。
 
<<<星の軌跡 (太地町の空)>>>


まだまだ試行錯誤中です。
別窓 | 観望の記録 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
金星 と 月
2017-02-05 Sun 20:38
夕方の西の空で輝く金星 一番星

 昨晩、久しぶりに金星を望遠鏡で撮影しました。
金星_20170204I_video19-51-19
 地球より太陽に近い側をまわっているため、月のように満ち欠けをした姿が見ることができます。

 <<<参考 AstroArts YouTubeの「太陽系内の金星の動き(2016年11月~2017年3月)」 >>>

◆月面
 昨晩は、上弦の月。ちょうど半分かけた状態。その境界付近を撮影しました。
  映像で撮影し、画像化した9枚の写真を合成しました。
   写真をクリックすると拡大されます。
月面video20170104_20-22b

別窓 | 観望の記録 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
冬の空の流れ星
2017-02-02 Thu 23:31
冬の空の流れ星

◆冬の天の川 その中を流れる
  おおいぬ座の足下。
流れ星_20161230L_IMG_4133
 ※上記写真の拡大写真
流れ星_20161230L_IMG_4133A

◆カノープスと流れ星
カノープスと流れ星_20161230E_DSC_1448
別窓 | 観望の記録 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
冬の天の川
2017-01-30 Mon 22:36
冬の天の川

冬の天の川。
 ふたご座、オリオン座、おおいぬ座の間をとおって南の水平線に。

 夏の天の川は、銀河の中心方向を見ているので、まだ明るいが。
  冬の天の川は、太陽系のある腕より外の腕の部分を見ているので、淡い。
   でも空の暗いところに行けば見ることができる。

◆冬の天の川と水平線
南の空_20161231E_074076a

 黄色い点線部分が、上記写真の範囲です。
南の空_20161231_iti
   <<<ステラナビゲータより引用>>>


◆とも座(一部) と ほ座
南の空_20161231E_232235
  冬の低空の星座から春の低空の星座は、3等星から4等星の星で恒星されています。
  私も実際の空では、星座の形をおうことがまだできません。 

◆南の空 の 星の軌跡
南の空_20161231E_127376_DSC_2376
 ※海の部分は、1枚写真を部分合成しています。

撮影場所は、年末に行った和歌山県太地町です。
別窓 | 観望の記録 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
カノープスの出
2017-01-26 Thu 23:49
カノープスの出
   撮影場所:大地町    2016/12/30

水平線からのぼるカノープス
カノープス_20161230E_063065
 カノープスとその上に見える星の間には雲があると思います。

  上記写真の拡大写真
カノープス_20161230E_063065up
  大気による浮き上がり現象もあるので、本来の位置は水平線ぎりぎりでないかと思っています。

カノープス_20161230_iti
 <<<ステラナビゲータより引用>>>
 上記写真は、この星図の「カメラの画角」の四角のなかです。

◆のぼるカノープス
カノープス_20161230E_083129_131180
 撮影中にカノープスの上を、4機以上の飛行機が通過していっています。

◆南中するカノープス
カノープス_20161230E_518520
 *上記2枚の写真 : 星は比較明で合成しましたが、水平線上の船と海は1枚の写真をあとから合成しました。
別窓 | 観望の記録 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
しし座 と うみへび座 の銀河
2017-01-22 Sun 22:05
春の星座 しし座 と うみへび座 の銀河
20161231_2.jpg
 <<<ステラナビゲータより引用>>>


◆M65 M66 NGC3628 しし座
M065_066_しし座_20161224M_023037x12
 しし座の後ろ足のところで、3つの明るく大きな銀河を見ることができます。
   M65とM66は銀河を斜めから、NGC3628は真横から。

◆NGC2992・2993 うみへび座
  近接する2つの銀河。
NGC2992_うみへび座_20161231M_25627411
  この2つの銀河は、近接しているため、それぞれの重力で銀河の腕(非常にうすくしか写っていませんが)が
 変形してしまっています。(もしかすると重なりあっているのかもしれません)

◆NGC2713 うみへび座
NGC2713_うみへび座_20161231M_248254x7
 (写真の左下の線は、撮影中に衛星が通過したときの軌跡です。)
別窓 | 観望の記録 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 空のさんぽ 日記の部屋 | NEXT